飲食店の店長に口説かれた話

“私は20歳の成人式の日、その当時働いていたダイニングバーの店長に口説かれ、
付き合うことにしました。

最初は、14も歳が離れていたことから、ただの上司と部下という関係で、
全く恋愛対象には入っていませんでした。
店長も当時は彼女がいて、当然のように恋愛対象からは外れていたようですが、
歳が離れているということもあって、妹のようにかわいがってくれていました。
お互い意識し始める前は、バイト後店長の作ったまかないを食べ、
自宅に帰るという繰り返しの毎日でした。

いつからか、店長がひどく落ち込んでいるように見え、理由を聞いてみると…
付き合っていた彼女さんに浮気されたので、別れて落ち込んでいるという話でした。
バイト仲間を含め職場の皆が仲が良かったので、ラインで励ましたり、ご飯を食べに行って気分転換してもらったりということを、2か月くらい続けていました。

そして私の成人式の日、「成人式のお祝いをしたいから、終わったら店に来れない?」
という電話がありました。
店に行くと、そこにはライトアップされた店内と美味しそうなお料理が並んでいました。
いつもならバイトの皆も残っている時間帯なのですが、なぜか店長しかおらず、
料理が置いてある店奥のソファで手招きしておりました。

「成人式、おめでとう。もう大人だね」
という一言とともに、耳にキスをされました。
何が何だかわからなく、戸惑っていると…
「彼女と別れてから、何度も君に助けられて、好きなってしまったみたいです」
と、告白されました。
私も断る理由がなく、突然彼氏ができてしまいました。
今思えば、ロマンチックなシチュエーションだったと思います。”

嫁さんに不倫をされた体験談

“36歳会社員の男性です。
嫁さんに不倫をされた体験談を書きます。

不倫をされたといってもきっかけは私にあります。
それは私が先に不倫をしたからです。

不倫のきっかけは私の東京転勤でした。
嫁さんとはそれまでセックスもしてましたし、特に仲が悪いというわけではありませんでした。
でも東京で1人でいるとつい羽根を伸ばしてしまい、東京で知り合った女の子と不倫関係になってしまいました。
隠していたつもりでしたが、スーツの臭いやメールの着信の頻度から問いつめられ不倫を認めました。
単身赴任は続いていましたが、それから嫁さんとも険悪になりました。

それから1ヶ月ほど経って久しぶりに地元での仕事がありついでに家に帰りました。
特に連絡などせずに家に帰ったんですが、その時に不倫をされたことがわかっていくことになります。

帰ったときに嫁さんは家にいませんでした。
嫁さんはママ友などはいないので帰るとしたら実家くらいしかありません。
その時点でかなり怪しいのです。
そして決定的な現場を見てしまうことになります。

家に車が近づいてくる音がしました。
この時間にあまり車が通ることは無いので、窓から家の前を覗くと嫁さんが男が運転する車から出てきました。
そして男も車から出てきて助手席のドアを開け、嫁さんが出てくるとその場でキスをしたのです。
あまりの突然の出来事にびっくりしましたが、同時に怒りも覚えました。

嫁さんが家に入ってくると私が帰っていることに驚いた様子でした。
「帰ってくるなら連絡してよ」と取り繕っていましたが、私はその時点で「あの男と不倫してるのか」と問いただしました。
最初は否定した嫁さんでしたが、キスのことをいうと言い訳に詰まり不倫を認めました。
理由は「あなたが不倫したから」でした。

私は不倫がバレた以降、女性とは別れたのでもう不倫はしていませんでした。
嫁さんも男とは別れ、それを私に報告しました。

まだ離婚はしていませんが、セックスはしていません。

会社の同僚と13年の不倫関係

“会社の同僚の女性と13年の不倫関係にあります。13年という年月とお互いの年齢を考えれば、既に会うたびにセックスするような関係ではなくなりましたが、反比例的に男女間の気の合う関係になっています。
彼女との出会いは、もう16年前の事になります。彼女は、パートスタッフとして入社してきました。30代半ばで、色気がある女性だなぁというのが第一印象でした。当時は別の部署で働いていましたが、飲み会の場などで席を共にして話しをしたりして、「こんな女性と交際出来たらいいな」位に思っていたのです。
一度告白したことがありましたが、遭えなく玉砕…。私は、現在の妻と交際の上、結婚に至りました。
でも彼女は、お気に入りの年下同僚の一人として見ていてくれたようです。私も、告白した位ですから気にはしていてくれたんでしょう。仕事中も、仕事帰りの飲みの席でも、いつも近くで話しをしてくれていました。
それが、不倫関係に発展してしまったのが13年前。長男が生まれて1年が過ぎ、育児優先で同僚との飲み会も断っていたのが解禁になった時でした。飲み会の二次会が終わった後、彼女がアパートまで送って欲しいとお願いしてきたのです。「何だか良く分からないけど、アパートまで送って帰るよ」といって同僚たちと別れ彼女のアパートへ。
部屋へ入るなり、彼女からキスをされました。2年前の告白を断ったのは、前の旦那さんと別れたばかりで、男性不信に陥っていたからだったようで、本当は好きでいたくれたんです。私は結婚し子供も生まれ、やっと飲み会に参加出来る今日を待っていたのだと話してくれました。
その夜は、そのまま初めてセックスする関係になりましたが、それが13年経つ今でも続いています。彼女がバツイチで、結婚願望もなく自由を求めているからこそ続いている関係なんだと思います。「妻から私を奪う」などと言う気持ちがあったら、ここまで上手い不倫関係は続かなかったのだろうと思います。
今では、セックス云々よりも、一緒に時間を過ごすことに喜びを感じています。家には、泊まりでの出張と言って仕事帰りに彼女のアパートで過ごすことを13年間続けてきました。これから先も続いていきそうですが、正直不安感はありません。彼女とは、これからも一緒に過ごせる時間が続けられるように、上手く対処していこうという気持ちで一致しているように思えてならないからです。